pH自動補正機能を搭載した本格派 TANITA タニタ EW-521 残留塩素計セット EW-521-WH アウトレットセール 特集 ホワイト pH自動補正機能を搭載した本格派 TANITA タニタ EW-521 残留塩素計セット EW-521-WH アウトレットセール 特集 ホワイト 22354円 pH自動補正機能を搭載した本格派! TANITA タニタ EW-521 残留塩素計セット ホワイト EW-521-WH 医薬品・コンタクト・介護 身体測定器・医療計測器 塩素計 22354円 pH自動補正機能を搭載した本格派! TANITA タニタ EW-521 残留塩素計セット ホワイト EW-521-WH 医薬品・コンタクト・介護 身体測定器・医療計測器 塩素計 /entirely296852.html,EW-521-WH,EW-521,superlaan.com,22354円,ホワイト,タニタ,pH自動補正機能を搭載した本格派!,TANITA,医薬品・コンタクト・介護 , 身体測定器・医療計測器 , 塩素計,残留塩素計セット /entirely296852.html,EW-521-WH,EW-521,superlaan.com,22354円,ホワイト,タニタ,pH自動補正機能を搭載した本格派!,TANITA,医薬品・コンタクト・介護 , 身体測定器・医療計測器 , 塩素計,残留塩素計セット

pH自動補正機能を搭載した本格派 TANITA タニタ 現品 EW-521 残留塩素計セット EW-521-WH アウトレットセール 特集 ホワイト

pH自動補正機能を搭載した本格派! TANITA タニタ EW-521 残留塩素計セット ホワイト EW-521-WH

22354円

pH自動補正機能を搭載した本格派! TANITA タニタ EW-521 残留塩素計セット ホワイト EW-521-WH



洗浄しやすい平面電極採用しています。測定結果メモリー機能で、各センサー50件まで保存できます。

サイズ幅82×高さ37×奥行202mm
個装サイズ:6×24×29cm
重量約260g
個装重量:500g
素材・材質ABS
成分【試薬】
カズサ製 DPD試薬
●試薬成分
1.DPD硫酸塩(NN-ジエチル-1.4-フェニレンジアミ6.86硫酸塩)
2.無水硫酸ナトリウム
3.リン酸緩衝剤(リン酸水素二ナトリウム:リン酸二水素カリウム)
4.キレート剤(CyDTA)

【pH標準液用粉末】
●pH標準液用試薬粉末(250mLの標準液作製用)
pH4.01:フタル酸水素カリウム(粉末)約2.55g
pH6.86:リン酸二水素カリウム(粉末)約0.85g・リン酸水素二ナトリウム(粉末)約0.88g※2種類の粉末の混合
pH9.18:四ホウ酸ナトリウム(無水)約0.95g
付属品CLセンサー、pHセンサー、DPD試薬簡易セット(比色チャート・容器・試薬2包×5)、pH標準液用粉末(pH4.01・6.89・9.18×各1包)、ストラップ、コネクター保護キャップ、センサーホルダー、単4アルカリ乾電池×4本、取扱説明書(保証書付・保証期間:1年間)
製造国日本

※ご注文後3~6日営業日後(土日祝日除く)の出荷となります
※掲載納期はあくまでも目安であり、商品欠品の場合、お時間をいただいたり、完売の場合もございます。また、仕様・パッケージなどは予告無く変更となる場合もございます。ご了承くださいませ。


広告文責:株式会社ノースウェブ Tel 0144-52-0018

pH自動補正機能を搭載した本格派! TANITA タニタ EW-521 残留塩素計セット ホワイト EW-521-WH

エディターズチョイス

作家Sorokin:概念主義のマスター

ウラジミール・ソロキンはその本が出版後に熱い議論を引き起こした作家です。 さらに、論争は彼らの意見の排他性を主張する文芸評論家の間だけでなく、「青脂肪」または「ノルマ」によって幾分落胆するかもしれない一般市民の間でも起こる。 そのソロキン氏は彼と残酷な冗談を言いました: "Going Together"は彼の本をトイレに降ろすために集会を開きました。 行動の後、何人かのプロテスタントは創作者の家に行き、彼に窓に刑務所のバーを掛けるように頼んだ。 伝記の要素 ウラジミール・ソロキンの教育(1977年、彼は石油ガス研究所を卒業)は、文学や芸術とは関係がありません。 確かに、彼は自分の専門分野で働いたことは一度もありませんでしたが、グラフィックに携わっていました。 ソロキンは、作家として80年代にKGBの興味をそそる小説「The Queue」を海外で出版しました。 彼はいくつかの小説、1ダースの演劇、映画の脚本の作者です。 Sots Art 現代の作家であるSorokinは、幼児としての彼の評判に加えて、概念主義の修士号、あるいは彼の最も衝撃的で贅沢な分野であるソーシャルアートという称号を受けました。 この名前は、70年代前半にアーティストKomarとMelamidによって提案されました。 ソーシャルアートの主なアイデアは、ソビエト連邦の時代には歴史的、政治的に特定の意

興味深い記事

推奨されます

人気の投稿